オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 築10年の一戸建てを売却するコツとは?相場や注意点を含めてご紹介!

コラム一覧

築10年の一戸建てを売却するコツとは?相場や注意点を含めてご紹介!

新築で購入した一戸建てが築10年となり、そろそろ売却という選択肢が思い浮かぶのではないでしょうか。
一戸建ての売却のタイミングとして、築10年は遅いのか早いのか、売却市場の相場はどうなっているのか気になる方もいるでしょう。
この記事では、築10年経過した一戸建ての売却相場や、売却時のコツや注意点などについてお伝えします。
築10年の一戸建ての売却を検討されている方は参考にしてください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


築10年の一戸建ての売却価格の相場とは

一戸建ての売却のタイミングとしては、築10年以内の売却がおすすめです。
理由としては、築10年以上が経つと一戸建ての売却価格の相場は新築の50%程度まで下がってしまうためです。
一戸建ての評価額は、土地部分と建物部分でそれぞれ異なります。
土地部分は年数が経過しても評価額は大きく変化しない場合がほとんどですが、建物部分は年数の経過で評価額が低下するため注意しましょう。
たとえば木造建築の場合、法定耐用年数が築22年と設定されており、築年数が経過するごとに評価額は下がり耐用年数の22年を迎えると評価額はほぼゼロです。
そのため、築10年は売却のタイミングとしては比較的おすすめの時期になります。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

築10年の一戸建ての売却に失敗しないためのコツとは

築10年の一戸建ての売却で失敗しないためのコツとして、以下の3点に意識しましょう。
1つめは、売却スケジュールをきちんと立てることです。
物件の売却にはいろいろと準備が必要となるため、焦って失敗しないようにいつまでに何が必要か、スケジュールを最初に決めておくことがポイントです。
2つめは、売り出し価格の設定です。
希望の価格と相場は異なる場合がほとんどですので、希望は出しつつも相場と比較し高くなりすぎない売り出し価格に設定しましょう。
3つめは、内覧の対応です。
内覧で購入希望者に良い印象を与えなくては、購入に結びつけるのは難しくなります。
事前にしっかり準備をし、気持ちよく内覧を終えてもらえるようにしましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

築10年の一戸建ての売却時の注意点とは

築10年の一戸建ての売却時の注意点も大きく3つあります。
1つめは住宅ローンです。
住宅ローンを完済していなくては抵当権が抹消できず、売却ができないため注意が必要です。
2つめは、免責事項を決め契約不適合責任に問われないようにすることです。
不要なトラブルを避けるためにも、事前に購入者ときちんと打合せしましょう。
3つめは、リフォームです。
事前にリフォームをしておくと購入希望者が早く見つかる可能性が上がります。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

築10年の一戸建ての売却時の注意点とは

まとめ

築10年の一戸建ての売却についてお話をしました。
売却時の相場、実際に売却を実行するに当たってのコツや注意点など事前に知っておく知識はいろいろあります。
満足できる結果を得るためにも、知識を身につけておきましょう。
この記事が少しでもお役に立てば幸いです。
広島県の不動産売却・不動産査定(無料査定)のことならオールハウス株式会社がサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|土地活用としての資材置き場とは?メリットや注意点をご紹介   記事一覧   土地の売却時に確定申告は必要か?確定申告の流れや必要書類とは?|次へ ≫

トップへ戻る