オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 中古マンション売却におけるマイソクとは?作成のポイントと重要性をご紹介

コラム一覧

中古マンション売却におけるマイソクとは?作成のポイントと重要性をご紹介

中古マンションを売却するときにマイソクと呼ばれる広告を使用します。
マイソクは販売活動において重要であり、力をいれて作成するとスムーズな売却に繋がります。
この記事では中古マンションの売却において重要なマイソクについてや作成のポイント、重要性をご紹介します。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


中古マンション売却におけるマイソクとは

マイソクとはチラシのような紙一枚の広告物です。
リーズナブルに作成できる広告でありがなら、ネット広告やダイレクトメールなどに派生できます。
記載される内容は物件名や売却価格はもちろん、間取り、築年数、写真の掲載もできます。
買い手にとって欲しい情報がほとんど記載されていながらもシンプルな作りです。
中古マンションの販売活動において費用をあまりかけられない場合が多いのでマイソクは重宝されています。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

マイソクをよく見せるためのポイントとは

マイソクは不動産会社が作成してくれますが、売る側としても制作に携わってみましょう。
白黒とカラーの2種類がありますが、断然カラーの方が物件を探している方にとって印象よく見えます。
また、写真の掲載は重要なポイントです。
内観や外観だけでなく、共有部分や周辺施設の写真を掲載すると、購入後の生活をイメージしやすくなりおすすめです。
写真の撮り方も、明るく広く見えるように意識しましょう。
物件の強みはアピールポイントとして、文言化し、目立つ場所に掲載しましょう。
「駅徒歩◯分!」や「食器洗浄機搭載!」など物件を探している方の目に留まるようなアピールポイントを掲載します。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

中古マンション売却におけるマイソクの重要性とは

中古マンションのような金額の高い買い物はすぐに買おう!とはなりません。
マイソクは物件の良さを伝え、問い合わせしようかな、内覧したいななどのアクションを起こさせるのが役割です。
その物件において検討する価値があるかどうかを判断するための資料としてマイソクは扱われます。
ただ、ネット社会においてマイソクの重要度の変化も否定できません。
ネットによりなんでも確認できる現代においてマイソクは昔ほど重要視されなくなってきました。
それでも、地方の不動産会社や小さな不動産会社にとっては、まだまだ現役の広告物である事実は変わりません。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

中古マンション売却におけるマイソクの重要性とは

まとめ

中古マンション売却においてマイソクは物件の情報を伝えられる重要性の高い広告物です。
物件に関する情報を細かく記載でき、写真の掲載でよりリアルに物件の情報を伝えられます。
マイソクは購入希望者に物件の良さを簡単にアピールしアクションを起こさせるツールですので、作成時には一緒に確認し、力を入れて作成するようにしましょう。
広島県の不動産売却・不動産査定(無料査定)のことならオールハウス株式会社がサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|空き家をシェアハウスにする方法とは?メリット・デメリットをご紹介   記事一覧   建売住宅は売却しやすい?注文住宅との違いや売却時の流れを解説|次へ ≫

トップへ戻る