オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > マンション売却時のエアコンはどうする?残す残さないそれぞれの注意点とは

コラム一覧

マンション売却時のエアコンはどうする?残す残さないそれぞれの注意点とは

マンションの売却を検討している方にとって、エアコンは売却時に残すべきか悩んでしまう家電品の一つといえるでしょう。
とくに新居に備え付けのエアコンがある場合など、現在使用しているエアコンが不要なケースもあるため困ってしまいますよね。
ここではマンションの売却を検討している方にむけて、マンションを売却するときにエアコンはどうするべきなのか残すケースと残さないケースの注意点もあわせてご紹介します。

マンションの売却時に取り付けたエアコンはどうする?

マンションに取り付けているエアコンは売却時に撤去するケースが一般的です。
エアコンはカーテンや家具家電などの設備と同じく快適な生活のため所有者が物件購入後に自分で購入し設置した付帯設備に分類されています。
付帯設備は売主の所有物のため、売却時には残さず撤去するのが基本といえるでしょう。
売主がエアコンを残していきたい場合は、トラブルを防ぐためにも買主と話し合いをおこない双方納得してから決めるのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

マンションの売却時にエアコンを残したほうが良いケースと撤去したほうが良いケースとは

エアコンは売主の所有物のため、残すか残さないかは基本的に売主が決めます。
しかし一般的には購入してから年数が経っていない比較的新しくきれいなエアコンの場合は、付帯設備として残しておいても良いケースといえるでしょう。
買主によっては新しいエアコンがついていることでメリットを感じる場合があり、売主にとっても新居にエアコンを持っていく必要がないのであれば処分費用をかけずに済みます。
一方で購入から年数が経っており、故障のリスクがあるような古いエアコンの場合は撤去したほうが良いでしょう。
買主が購入後にすぐ故障したり、電気代の負担が大きかったりなど、負担になってしまいトラブルの原因になる可能性があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

マンション売却時にエアコンの対処をするときの注意点

マンションに設置しているエアコンを残す際には注意点として、忘れずに付帯設備表に記載することが挙げられます。
付帯設備表とは室内設備の動作や不具合などの状況について記載されている書類のことです。
もし残していくエアコンの動作に何らかの不備がある場合は、トラブル防止のためにも漏れなく記載するようにしましょう。
またマンション売却後に契約不適合責任を負わないよう、買主と話し合いエアコンを残していくことについての合意書を作成しておくことも注意点の一つです。
一方でエアコンを撤去する場合はタイミングに注意しましょう。
マンションの売買契約が締結する前にエアコンを撤去してしまうと、内覧時に室温を調整できなくなってしまうため、売買契約が締結してから撤去するのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

マンション売却時にエアコンの対処をするときの注意点

まとめ

マンションを売却する際にはエアコンを撤去するケースが一般的です。
残していく場合には買主と話し合い、引渡し後のトラブルを防ぐために付帯設備表への記載や合意書などを交わしておきましょう。
スムーズな売却のためにもエアコンをどうするかは事前に計画しておくのがおすすめです。
私たちオールハウス株式会社は、お客様の不動産売却を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


≪ 前へ|ハウスメーカーが建てた家は売却しやすい?その理由とポイントとは   記事一覧   任意売却時に委任状は必要?その役割と注意点とは|次へ ≫

トップへ戻る