オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 3階建て物件の特徴とは?売却しにくい理由や売却時のポイントについてご紹介

コラム一覧

3階建て物件の特徴とは?売却しにくい理由や売却時のポイントについてご紹介

駅の近くに多く建っている3階建ての物件ですが、売却しにくいと言われています。
売却しにくいと言われると、3階建ての物件を所有していて売却を検討している方は不安でしょう。
今回は、3階建て物件の特徴や、売却しにくい理由、売却時のポイントについてご紹介します。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


3階建て物件の特徴とは?

3階建ての物件は、駅の近くに建ってるのを見かけることがよくあります。
駅の近くは、商業系の用途地域が多くあり、建物の高さや斜線制限の規制が緩やかです。
そのため、規制が緩やかな駅の近くに建てやすいのです。
また、狭小地でも延床面積を広くできます。
土地の用途が商業系のため、住宅系に比べて建ぺい率や容積率が広く設定されており、狭小地でも広い面積の住宅の建築が可能です。
他の住宅に比べ高さのある建物のため、日当たりの良い屋上で洗濯物を干して、夜には天体観測なども楽しめます。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

3階建ての物件が売却しにくい理由とは?

理由の1つ目は、上下移動の多さです。
1つのフロアの面積が狭く、縦移動を意識した暮らしになるため、生活しづらい印象を持たれます。
また、高齢者や小さな子どもがいる世帯では、上下の移動がデメリットになります。
2つ目は、メンテナンス費用です。
3階建ては、高さのある物件のため、配管など上下に配置され工事費用が高額になります。
外壁や屋根のメンテナンスも足場を高く組む必要があります。
狭小地では、足場の確保ができない可能性もあるため高額になるケースが多いです。
3つ目はターゲットが限定的な点です。
上下移動が大変な高齢者と同居しない、上下運動が苦にならない方がターゲットとなります。
また、希望のエリアに2階建てがない方もターゲットとなりますが、このような条件を満たす方が少ないため、売却しにくくなっています。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

3階建ての物件を売却する際のポイントとは?

1つ目のポイントは、エレベーターの設置です。
エレベーターの設置により、3階建ての懸念事項である上下移動を解消できます。
快適に暮らせる環境を整え、ターゲットを広げられます。
2つ目のポイントは、耐震診断です。
3階建ては構造上どうしても揺れを受けやすくなるため、買い手の不安を取り除くため耐震診断をするのがおすすめです。
耐震診断は、施工業者ではなく第三者に依頼すると良いでしょう。
3つ目のポイントは、事業用としての活用です。
階数が多いと収益性が高まり、宿泊施設や介護施設などに活用できます。
事業用の場合、一般の購入希望者以外にも事業者もターゲットになります。
売却時には、上記3つのポイントを押さえると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

3階建ての物件を売却する際のポイントとは?

まとめ

3階建て物件の特徴や、売却しにくい理由、売却時のポイントについてご紹介しました。
駅の近くに多く建っている3階建ての物件ですが、高さを活かして屋上を遊び場にしたり、洗濯物を干したり有効活用できます。
快適な環境を整える、事業用として活用するなど売却時に検討すると良いでしょう。
広島県の不動産売却・不動産査定(無料査定)のことならオールハウス株式会社がサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|注文住宅は売却しにくい?建売住宅との違いや注文住宅の売却ポイントを解説   記事一覧   空き家をシェアハウスにする方法とは?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る