オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 注文住宅は売却しにくい?建売住宅との違いや注文住宅の売却ポイントを解説

コラム一覧

注文住宅は売却しにくい?建売住宅との違いや注文住宅の売却ポイントを解説

注文住宅の売却を検討しているが、建売住宅と比較して売却しやすいのか気になる方も多いのではないでしょうか。
注文住宅は売却しにくいとも言われていますが、ポイントを抑えていれば売却しやすい物件になります。
そこで、こちらの記事では注文住宅と建売住宅の違いや、売却のポイントについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

注文住宅と建売住宅の売却の違い

注文住宅とは、施工主が自分好みにオーダーメイドして建築した住宅のことであり、施工主のこだわりが反映されるため、個性的な住宅になりやすい傾向にあります。
一方、建売住宅とは住宅メーカーが土地の取得から住宅の建築まですべてをおこない、完成した建物を購入できる住宅のことです。
あらかじめ万人に好まれるような外観や間取りになっており、バランスのとれた住宅となっています。
売却するにあたり、以前は中古注文住宅は個性的で受け入れにくく、中古建売住宅の方が需要が高いと言われていました。
しかし、近年では自分の個性やこだわりを表現するために、中古注文住宅を上手く取り入れる方が増えてきており、ニーズは高まってきています。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

売却しにくい注文住宅とは

まずはデザインがユニークすぎる点です。
具体的には、窓が少なかったり、外観や内装がカラフルすぎたり、全体的にガラス張りになっていたりなどすると売れにくくなります。
次に、間取りの使い勝手が悪い点です。
たとえば2階がすべてLDK、段差が多い、二世帯住宅などは買い手がつきにくい傾向にあります。
最後に土地に制限がある点です。
予算の都合上、建物にお金を掛け過ぎて土地代を安くしたために、不整形地や傾斜地などに無理やり建てた住宅もあり、結果的に不便な家になっているケースもみられます。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

注文住宅を売却する際のポイント

まずは駅やバス停が近くにあるかなど、周辺環境についてです。
利便性や住環境が良い立地であれば、多少建物が個性的過ぎても売却できる可能性が高くなります。
次に、耐震性の高い地盤かどうかについてです。
近年大地震が多発している影響から、耐震性の高さを求める方が増加しています。
地盤調査を実施したことがない方は、これを機に依頼してみてはいかがでしょうか。
最後にどのような建築方法で建設されているかについてです。
現在、ツーバイフォー工法など新しい建築工法の物件が増えてきていますが、増改築が難しい工法のため、中古での売却はしにくくなっています。
一般的な在来工法のほうが、増改築もしやすく売却しやすいでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

注文住宅を売却する際のポイント

まとめ

近年注文住宅でも、デザインや間取りなどが個性的過ぎなければ売却の需要は高まっています。
さらに利便性が良い周辺環境や、地盤がしっかりしているなどポイントを抑えていると、より売却しやすいでしょう。
売却しようとしている注文住宅の条件を今一度確認して、売却方法を検討してみてください。
私たちオールハウス株式会社は、お客様の不動産売却を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|中古マンションの売却しやすい間取りとは?重要なポイントを解説!   記事一覧   3階建て物件の特徴とは?売却しにくい理由や売却時のポイントについてご紹介|次へ ≫

トップへ戻る