オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 中古マンションの売却しやすい間取りとは?重要なポイントを解説!

コラム一覧

中古マンションの売却しやすい間取りとは?重要なポイントを解説!

マンションの売却を検討するのに、需要はあるのか、はたしてすぐに売れるのかと気になる方もいるでしょう。
中古マンションの売れやすい間取りやその他の知っておきたい重要なポイントをおさえておきましょう。
ここでは需要のあるターゲット層も解説しますのでご参考にしてください。

中古マンションを売却するのに売れやすい間取りとは?

2LDKや3LDKは購入希望者が多く人気があり比較的早く売却できる傾向です。
3LDKはとくにファミリー層に人気が高い間取りです。
そもそも賃貸の物件が少ないことや、家賃が高いので、子育て世代やこれから家族を増やしていく予定のあるカップルが購入を検討、選びやすい間取りです。
30代なら長期間の住宅ローンを組むこともでき、賃貸物件より安い返済額にして購入できるのが人気の理由のひとつと言えます。
とくに学校や公園、商業施設が近くにあると子育てしやすく人気が高いですが、比較的どんな立地でも売却しやすい間取りといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

間取り別で分析!中古マンションを売却しやすいターゲット

3LDK以外の間取りのターゲットをみていきましょう。
1K〜1LDKは単身者やDINKSに需要が高く、職場へのアクセスを重視する傾向があり、急行の止まる駅や、駅からの距離、コンビニやスーパーマーケットの有無などがポイントです。
また、賃貸物件での人気が高いので、投資用として購入する需要もあります。
2K〜2LDKは子どもが独立した夫婦、1K〜1LDKではやや狭いと感じるDINKSなどが選ぶ傾向です。
4LDK以上ですと、子どもの人数が多い家族や、3世帯以上の家族に需要が高く、また経済的に余裕のある方もターゲットになり、価格の安さよりも住宅の設備のスペックなどを重視する傾向があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

中古マンションの売却時に間取り以外の押さえておきたいポイントとは?

中古マンションは間取りだけで売却の価格が決まるわけでなく、他にも重要なポイントがあります。
まずは立地条件で、駅からの距離や商業施設、病院などがある利便性が良い立地は人気が高く、緑が多く静かな環境は子育てや老後をゆっくり過ごしたい場所として好まれます。
そして築年数ですが、年数が経てば経つほど売却価格は安くなる傾向です。
床暖房やハイスペックなキッチンのリフォーム済み物件は需要が高いので、築年数を重ねてなかなか売れない場合はリフォームしてから売却するのがよさそうです。
最後に物件の管理体制もポイントで、管理人が常駐している物件や、共有部分などがしっかりと管理されている点なども重要視されます。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

中古マンションの売却時に間取り以外の押さえておきたいポイントとは?

まとめ

3LDKはファミリー層に需要が高いので売却しやすいと言えます。
1K〜 1LDKは単身者や投資用として、2K〜2LDKは老夫婦やDINKSに需要が高いです。
間取り以外では、交通や商業施設の利便性、静かな環境などの立地条件、築年数やリフォームの有無、管理体制などが重要なポイントです。
私たちオールハウス株式会社は、お客様の不動産売却を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|賃貸中の物件は任意売却することは可能なのか?売却時の注意点をご紹介   記事一覧   注文住宅は売却しにくい?建売住宅との違いや注文住宅の売却ポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る