オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > ハウスメーカーが建てた家は売却しやすい?その理由とポイントとは

コラム一覧

ハウスメーカーが建てた家は売却しやすい?その理由とポイントとは

家の売却を考えている方にとって、所有している家が売却しやすい物件なのかどうかは気になるところですよね。
売却しやすい家にはさまざまなポイントがありますが、ハウスメーカーの建てた家というのもポイントの一つかも知れません。
ここではハウスメーカーとはなにか、ハウスメーカーが建てた家が売却しやすい理由と売却時に重視されるポイントについてご紹介します。

家が売却しやすい?ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは一般的に全国で住宅の建築から販売までを一貫しておこなう会社のことを指し、住宅メーカーとも呼ばれます。
明確な定義はありませんが、建築資材の生産から施工までを規格化しているのが特徴といえるでしょう。
またハウスメーカーでは大きく分けて3種類の家を建てています。

●設計や構造まですべて希望にあわせて建てる注文住宅
●間取りやデザインのパターンを組み合わせて建てる規格住宅
●ハウスメーカーが設計デザインして建てた家を販売する建売住宅


このようにハウスメーカーでは注文住宅だけでなく規格化されたシステムを用いて、さまざまなタイプの住宅を扱っているのも特徴の一つといえるかも知れません。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

ハウスメーカーが建てた家が売却しやすい理由とは?

一般的にハウスメーカーで建てた家は売却しやすいといわれています。
理由として建築資材の生産から設計、建築までを規格化していることにくわえて技術力の高さで優れた住宅性能の家を安定して建てられることが挙げられるでしょう。
またハウスメーカーには設計やデザインに関して専門の部署があるためデザイン性に優れているのも理由の一つです。
ほかにも購入後には長期保証制度や定期的点検などのアフターメンテナンスが充実しているため、家の品質を保ちやすいのもハウスメーカーの家が売却しやすい理由といえるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

ハウスメーカーで建てた家を売却するときに重要視されるポイントとは?

家を売却する際の売却価格は、さまざまな観点から総合的に判断して決めることが一般的です。
ハウスメーカーの家を売却する場合にも重要視されるポイントがいくつかあります。
最初のポイントは建物の構造や工法です。
たとえば木造と鉄筋コンクリート構造では法定耐用年数が大きく異なります。
法定耐用年数は資産価値や売却価格に影響するため、家の構造は売却時に重要視されるポイントの一つといえるでしょう。
またハウスメーカーでは修理や建物の定期的なメンテナンスをおこなっていることが多く、売却時には重要視されるポイントです。
ほかにも経年劣化した設備などをリフォームしている場合でも、ハウスメーカーであれば既存の建物の雰囲気にあわせた部品を利用できるため違和感がなく重要視されるポイントといえます。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

ハウスメーカーで建てた家を売却するときに重要視されるポイントとは?

まとめ

全国的に家の設計から建築、販売までをおこなうハウスメーカーで建てた家は、その技術力やデザイン性などの理由から売却がしやすい家といえるでしょう。
またハウスメーカーが建てた家では売却時に重要視されるポイントが押さえられているケースが多いともいえます。
家の売却を検討している方は、売却時に重要視されるポイントとあわせて参考にしてみてくださいね。
私たちオールハウス株式会社は、お客様の不動産売却を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


≪ 前へ|リースバックの買戻し価格はどのように決まる?仕組みや注意点とは   記事一覧   マンション売却時のエアコンはどうする?残す残さないそれぞれの注意点とは|次へ ≫

トップへ戻る