不動産の売却方法は2種類があります。~仲介と買取の違い~

仲介とは

不動産会社が、売主様に代わり買主様を探す事をいいます。不動会社に、自分の保有する不動産の売却を依頼すると、不動産会社はネットワークやWEB広告、広告チラシを活用し買主様を探します。

無事に成約まで進むと、規定内の「仲介手数料」が発生します。

買取とは

そのものずばり。お客様の不動産を、不動産会社が直接買い取ることをいいます。不動産の購入者は「不動産会社」になるので、購入者を探す手間が省けます。結果として、売却までの期間が早まるというメリットがあります。

買取の注意点

一見すると「買取」のほうがメリットが大きいように感じますが、買取には「仲介よりも買取価格が低くなりやすい」という注意点があります。その額は、仲介で売却できる市場価格の60%〜80%程度と言われています。なぜここまで低くなるかというと、不動産会社が買い取る場合、会社の収益や諸費用を考慮した額になるためです。買取後のリフォーム費用、営業活動にかかる広告費を考え、確実に売れるであろう額で買い取ります。しかし、売却額が低くなってもすぐに現金化できるというメリットもあります。所有されている不動産の売却が、仲介と買取のどちらに向いているのかを事前に調べられることをおすすめします。