オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 二世帯住宅売却に不動産買取が選ばれる理由とは?賢く売却するコツをご紹介

コラム一覧

二世帯住宅売却に不動産買取が選ばれる理由とは?賢く売却するコツをご紹介

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯などの2つの家族が暮らす住宅のことです。
必要なときに助け合える距離感や、近くにいる安心感といった点が魅力です。
なお、二世帯住宅は売れにくいという特徴があり、売却する際には不動産買取が多く選ばれています。
そこで今回は、二世帯住宅の売却をご検討中の方に向けて、二世帯住宅が売れにくい理由と賢く売却するコツをご紹介します。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら


二世帯住宅の種類によっては不動産買取がおすすめ!

二世帯住宅とひと言でいっても、じつはいくつかの種類に分けられます。
主な種類は以下の3つです。

完全分離型

親世帯と子世帯の生活空間が完全に分離されているのが「完全分離型」です。
完全分離型では、各世帯のプライバシーを確保できます。

一部共用型

「一部共用型」は、玄関や浴室など一部のスペースを共用し、リビングや寝室などは分けるタイプの二世帯住宅です。
完全分離型よりも世帯間でのコミュニケーションがとりやすく、建築コストや光熱費は抑えることができます。

完全同居型

寝室などのプライベート空間を除き、すべてを共用するタイプの二世帯住宅です。
間取りも一般的な住宅とほぼ変わらないため、3つの種類のなかでもっとも建築コストを抑えられ、売却する際も通常の住宅として売り出すことが可能です。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

不動産買取が選ばれる理由とは?二世帯住宅は売却しにくい

二世帯住宅は次のような理由で売れにくいため、不動産買取を選択する方が多くなります。
まず、二世帯住宅のなかでも完全分離型や一部共用型の場合、一世帯用の住宅と構造自体が大きく異なるため、基本的には二世帯住宅を探している方に売却します。
しかし、核家族化が進み続ける昨今、同居を希望する方は少なく、二世帯住宅の需要は低いのです。
また、売り出し価格が高いことも、二世帯住宅が売れにくい理由の1つです。
とくに完全分離型では、キッチンや浴室などの設備が2つずつあることで建築コストが高くなるため、売り出し価格も中古住宅としては高めの設定となってしまいます。
もし、親が室内で亡くなり、遺体の発見が遅れたことでニオイやシミが残っている場合には心理的瑕疵物件となり、さらに買主が見つかりにくくなります。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な権利証を紛失!権利証がなくても売却する方法とは?

二世帯住宅を売却するコツは?不動産買取がおすすめ!

先述したように、需要の低い二世帯住宅を一般の買主へ仲介で売却することは難しいといえます。
そのような二世帯住宅を売却するコツは、賢く不動産買取を活用することです。
不動産買取とは、不動産会社へ直接売却する方法です。
不動産会社は、買い取った物件の立地や状態、買主のニーズに合ったリフォームをおこない、一般の住宅または収益物件として再販します。
売却額は仲介の場合よりも低くなりがちですが、不動産買取であれば売主は手間も費用もかけず、そのままの状態ですぐに手放すことができるのです。
これが、二世帯住宅の売却に不動産買取が多く選ばれている理由です。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

二世帯住宅を売却するコツは?不動産買取がおすすめ!

まとめ

核家族化の進む昨今、二世帯住宅の需要は低く、売りに出してもなかなか買主が決まらないことが現実です。
不動産買取であれば、手間も費用もかけずに二世帯住宅を売却できるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。
広島県の不動産売却・不動産査定(無料査定)のことならオールハウス株式会社がサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|ゴミ屋敷となった不動産の特徴!買取業者に依頼するメリットについてご紹介   記事一覧   土地活用としての資材置き場とは?メリットや注意点をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る