オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社のコラム一覧 > 賃貸中の物件は任意売却することは可能なのか?売却時の注意点をご紹介

コラム一覧

賃貸中の物件は任意売却することは可能なのか?売却時の注意点をご紹介

賃貸物件を任意売却しようと考えている方のなかには、入居者がいるのに迷惑をかけないだろうかと不安に思われるものです。
そこで今回は、売却を検討している不動産が賃貸中でも売却は可能なのか、また売却時の注意点をご紹介します。

賃貸中の物件を任意売却することは可能なのか

入居者がいる賃貸中の物件でも、一般の不動産と同じように任意売却はできます。
任意売却とは売却価格がローン残高よりも安いために売却できない物件を、債権者の了承を得て売却する方法で、ローンの返済ができない場合などに使われる方法です。
賃貸物件など不動産経営のための物件では家賃収入を見込んでローンの返済額を決めていることもあり、経営難になると返済も厳しくなります。
売却するにあたって、オーナーチェンジ物件として任意売却をすれば入居者に及ぼす影響はほとんどありません。
オーナーチェンジ物件とは入居者がいる状態で新しい所有者に賃貸借契約を引き継ぐもので、入居者にとってはオーナーが変わるだけで生活は変わらない方法です。
賃貸物件だけでなく投資用物件として購入した物件でも任意売却ができるので、思うように収益化できない赤字になる物件は早めに売却したほうが良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却を検討している方必見!売却益の計算と節税のやり方とは?

賃貸中の物件を任意売却するときに注意点とは

賃貸中の物件である場合にはいくつかの注意点をしっかり理解しておくことが、入居者への影響を最小限にするポイントです。
オーナーチェンジ物件としてスムーズに売却できれば問題ありませんが、一般的に売却活動をおこなう場合入居者に知られずにおこなうのは難しいものです。
とくに競売と同時に売却活動をおこなう場合、入居者への通知をしておかないと後にトラブルに発展する可能性があります。
入居者に状況を通知して、情報を共有しておくことでトラブルが回避できるだけでなく、競売にかけられた場合の現状調査などのお願いもスムーズになるでしょう。
競売と同時進行している場合には注意点も変わり、現状調査では建物内部の写真撮影や状態チェックが必要なので入居者の協力が必要です。
また競売で売却した場合には退去交渉が必要となるので、立ち退き料を支払うなどの対応が求められます。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入するのか記入時の注意点をご紹介!

賃貸中の物件を任意売却するときに注意点とは

まとめ

賃貸中の物件や不動産投資用の物件を任意売却することは可能ですが、入居者への影響も考慮した方法でおこなうようにしましょう。
競売と同時進行している場合には、入居者の協力が必要になるのでしっかり情報共有をしてスムーズに売却活動ができる工夫が必要です。
私たちオールハウス株式会社は、お客様の不動産売却を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

オールハウス株式会社への問い合わせはこちら



≪ 前へ|任意売却時に委任状は必要?その役割と注意点とは   記事一覧   中古マンションの売却しやすい間取りとは?重要なポイントを解説!|次へ ≫

トップへ戻る