当社が選ばれるのは理由があります。

A:国規定の「保険」加入で両者が安心(最長5年保証)

イメージ

少し聞き慣れない言葉かもしれませんが、住宅の売却・購入を考えていらっしゃる方には是非覚えておいていただきたい保険です。

瑕疵とは、契約に従い住宅の引渡し・工事の完了などをした後に、規定どおりの「品質」「性能」が確保できていない状態のことをさします。瑕疵が発生した際、補修費用を負担してくれる保険が瑕疵保険なのです。

新築住宅購入の場合、買主は不動産会社から建物の保証をうけることができます。この場合、住宅を売却したのは不動産会社。売却主様が不動産会社なので、購入後に不具合(瑕疵)を発見した場合、不動産会社が修繕してくれます。

しかし中古住宅の場合、売却主様は個人。購入後の保証をするのはケースにより難しくなります。「いくら安くても保証のない中古住宅よりも、保証がしっかりある新築の方が総合的にいいのでは」そのように思われるのは当たり前のことでしょう。そこでこの状況を重く受け止めた国は、中古住宅でも一定の基準をクリアすれば、売却後最長5年間の保証が得られる「瑕疵保険」を創ったのです。

この保険に加すれば、購入後に瑕疵(傾きや雨漏りなど)を発見した場合も、保険によって修繕費が保証されます。ところが、この制度を理解している不動産会社はまだまだ多くないのが実態です。その為、瑕疵保険についてなんの説明もなく売買の契約がされるケースが多いのです。

当社では、直接国から瑕疵保険に関する手続き・ノウハウの指導を受けたスタッフが皆様にご案内しております。瑕疵保険は「補修費が保証される」という買主様のご安心と、「通常売却主様負担になる修繕費用を保険で補うことが出来る」という売却主様のご安心、両者をサポートすることが出来ます。

B:建物診断制度(インスペクション)の実施

イメージ

中古住宅の購入を検討される際、買主様が最も気にされるのが「建物の安全性」です。必ずしも新築住宅が安心というわけではありませんが、「耐震性」「築年数」「築構造」を考えると「やはり新築の方が……」と考えられる方も少なくはありません。そんな方々の為、事前に建物の状態を調べ上げ買主様に提供する「建物診断制度(インスペクション)」を実施しております。実際に調べてみると、「中古住宅の方が耐震性が強かった」ということも。

当社ではインスペクション実施後、リフォームや補修、修繕にかかる見積りを作成し、買主様へご案内しております。購入前に建物の安全性やもろもろの費用を把握できることは、買主様にとって大きな判断材料になります。

C:「告知書」の作成と事前公開

イメージ

「告知書」とは、売却主様が把握する、物件に関するあらゆる全ての情報を買主様に開示したものをいいます。雨漏りの有無や水廻りや配管設備の状態、シロアリの被害などは買主様にとって購入の判断基準となる非常に重要な情報です。ところがこれまでの日本では、そういった情報は購入を検討する際ではなく、契約時に突然知らされていたのです。これでは、安心して購入などできるわけがありません。

当社では、事前に「告知書」を作成し、購入前に情報を買主様へ提示すべきと考え、正しい事前の情報開示を行っています。(※オプションになります。詳細は別途お問い合わせくださいませ。)

D:「住宅履歴情報」の提示

イメージ

「住宅履歴情報」とは、住宅(この場合は中古住宅)の所有者から所有者へ引き継がれる、電子化された情報のことを言います。住宅の歴史とも言えるでしょう。

住宅をよりよく保つためには、定期的なメンテナンスや補修を行うことが必要です。「いつどんなメンテナンスやリフォームをしたか」を履歴として残すことは、現時点で住まれている方にとっても、いつかその住宅に住む買主様にとっても非常に有益な情報です。というのも、中古住宅を購入された買主様の多くは、購入後にリフォームを行います。その際手元に新築時の設計書やリフォーム歴、設備交換の履歴があれば、スムーズにリフォームを行うことが出来ます。

逆に住宅履歴が一切ない場合、リフォームが必要か不要かも分からず途方に暮れるということになりかねません。また、履歴がないゆえにリフォーム費用を余分に要求されるという場合も。リフォームとリスク管理のために「住宅履歴書」を作成させていただきます。(※オプションになります。詳細は別途お問い合わせくださいませ。)

E:24時間、無料で駆けつけます

イメージ

新築住宅を購入した際と中古住宅を購入した際の大きな違いの一つに「入居後のアフターサービスの手厚さ」が挙げられます。購入時には気づかなくても、実際に住んで初めて気づくことはたくさんあります。

新築住宅なら、売却主様である建築会社や不動産会社に連絡すれば、気になる点や不安点をすぐに解決してくれることでしょう。会社にとって買主様の不安を拭うことも、仕事の一環なのです。

しかし中古住宅の場合、売却主様は個人。そのような義務はありません。「買主様は気がかりが解決できず、売却主様は、連絡を受けても困ってしまう。」この点が、買主様にとっては大きな不安点となり中古住宅の購入に踏み切れない要因と言われています。

そこで当社では、売却主様に変わり買主様の「困った」を解決できる24時間コールセンターを開設しております。「トイレの水が流れたままで止まらない」「鍵を失くした」「エアコンから異臭がする」など、いつでもなんでもご相談ください。中古住宅でも、新築住宅に負けないアフターサービスをご体感いただけます。

まとめ

買主様はもちろんのこと、売却主様にとっても「安心・満足できる不動産売却」をモットーに取り組んでおります。もっと詳しく聞いてみたいという方はオールハウスのオリジナル売却査定までお問い合わせ下さい。